BGPP

茶緑濃桃推し

こぶしファクトリーのお母さん、和田桜子さんについて思うこと

こんにちわださく!


私がいま一番応援しているアイドル、こぶしファクトリー和田桜子というメンバーがいます。

研修生としてハロー!プロジェクトに入り、2015年にこぶしファクトリーに加入、同年にメジャーデビューをしました。

2018年8月8日にはメジャー6枚目のシングル「きっと私は/ナセバナル」を発売。
youtu.be
「きっと私は」のMVでサムネとなった彼女が、ビジュアルとその歌声と合わせて、巷でじわじわと話題になっているとかなっていないとか。
いや、なってる。

なってるに決まってる。
だってくっそかわいくないですか。


彼女を応援していると、研修生時代から比べて思うことが日々増えていくので、
今日はそんな気持ちを整頓する意味も含めて発散がてら、そっと置いていけたらいいなと思います。
和田桜子に特化した内容になっているのでひいき目や偏りはすごいと思いますが許して。

オタク歴としてはメジャー周年とほとんど同じなんですがイベントやライブはほとんど在宅、まめに情報も追えていないオタクなのでこんなブログ書いても情報の確証性がありません。
それでも許して。



まずは発売したての最新曲から「ナセバナル」
youtu.be
出だし二番目に歌う美容師をしているのが和田桜子ちゃんです。
昨年末に長かった髪の毛を短くしてかわいさにより一層磨きのかかった和田桜子ちゃんです。
こぶしちゃん、皆あんまり髪の毛に手つけないのでたまに勿体無いなぁって思います。そのままでも充分かわいいけどね。

この力強くクセになる歌声。
同グループの広瀬彩海ちゃんとハモりを担当したり、ラップを担当したりもしています。

でも彼女はお世辞にも最初から歌がこれだけ上手だったわけではないんですね。


2012年にハロプロに加入した彼女は、「ハロプロ研修生発表会2013 春の公開実力診断テスト」という研修生の実力診断テストの初公開イベントに参加します。
youtu.be(15:38~)
そこでスマイレージの「有頂天LOVE」を披露し審査員特別賞を獲得しますが、つんく♂さんは「キーも上ずるところがあったりとかワフーがずれてたりとか、リズムも突っ込むんですけどそこが萌えなんですよね」こうコメントします。
ここから今のレベルの高さにまで持っていくのは相当な努力をしたんじゃないかなあと思います。

メジャーデビュー曲にもなった「念には念(念入りver)」
youtu.be
サイドポニーの子が和田桜子ちゃんです。2番の『ちょっと気分転換外を歩いて』の子です。
初めて聴いたとき背中ゾワッ…とした。私はこの歌で彼女に一目惚れしました。
ラスサビ前の『あなたは』の歌詞、この歌声が私の中で彼女の最高峰であり私が推すところの理由です。(それ以前以降のすべてが最高で常に更新し続けているのは当然ですがあの時の衝撃は計り知れません)
もちろんソロパートも素敵です。『外を歩いて』のところライブでも必ず手をぴょってやるんですけど窓を開けるのを表してるらしいってのをどっかで見た気がするもののどこだったか全然思い出せないし探せませんでもかわいいですよね。


同シングルは「ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入りVer.)の3曲になり、その内のひとつ「ドスコイ!ケンキョにダイタン」がその年の【第57回日本レコード大賞 最優秀新人賞】を受賞します。
その勢いのまま波に乗ったこぶしファクトリーは2ndシングル桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂」を出します。
チョット愚直に!猪突猛進は現在でもグループ自身イチの再生数を誇ります。
youtu.be
この曲がまた!和田桜子ちゃんのパートが輝いているんですね!
桜ナイトフィーバーこぶしファクトリーのカバー楽曲になると聞いたとき(※元々はKANさんの楽曲をハロー!プロジェクト全体のコンサートで全員曲として歌っていました)、タイトルからして俺たちの時代だとガッツポーズしたものの蓋を開けてみると全然そうではなくあの時の期待と悲しみを抱えながら今も過ごしているかわりに、私はチョット愚直に!猪突猛進を桜子フィーバー曲と呼んでいます。でも桜ナイトフィーバーもどの楽曲も各メンバーの個性が光る良い歌とMVなのでとてもオススメです。

さらに3rdシングル「サンバ!こぶしジャネイロ/バッチ来い青春!/オラはにんきもの」を発売します。
youtu.be
初期と比べても、彼女のパワフルな歌声が板についてきた感じがしますね。とてもかっこいい。

しかしここで彼女にもう一度、良い意味で裏切られます。


2017年2月、同グループ主演舞台「JKニンジャガールズ」と同年7月に公開された初主演映画「映画版 JKニンジャガールズ」の主題歌および挿入歌として発売された、
4thシングル「シャララ!やれるはずさ/エエジャナイカ ニンジャナイカ
youtu.be
初回生産限定盤SP内に収録されている「闇に抜け駆け/ピッチピチトモダッチ」も合わせて彼女の歌声を聞いてください。
youtu.be(3:44~)
『女の子にしかわかんない』『でもマキビシだなんてまぁ厳しい!』を歌ってるのが和田桜子ちゃんです。
かわいい……

あれだけかっこよく歌っていた彼女がなんともかわいらしく歌っているじゃないですか。
その理由は彼女が作品内で演じた百地イブという役にあります。
彼女は役に合わせて、その時に応じて声を使い分けているんですね。
そもそもの和田桜子ちゃんの地声ってとってもかわいいんです。
それは実力診断テストの「有頂天LOVE」や3rdシングル「オラはにんきもの」でも分かるところはあるのですが、
youtu.be
2番の『1にも8にも』と『しんのすけーっ』のセリフを言っている、くるくるポニーテールが和田桜子ちゃんです。
ほわほわした、癒し系の女の子がそのグループや楽曲の特色に合わせて、可愛らしいキュートな歌声から力強くカッコいい歌声まで幅広く出しているんです。
ライブでカバーする他グループ、主にBerryz工房℃-uteメロン記念日のカバー楽曲や、未発表のライブ曲2曲「消せやしないキモチ/亀になれ!」でもその声の使い分けを感じることができます。
youtu.be(22:37~)
「亀になれ!」はこぶしらしいノれるパワフルな楽曲で、「消せやしないキモチ」はグループ初の恋愛ソングとなっているのですがこれだけ公式の音源がありません(ないよね?)。とにかくこれがかわいい、かわいいの一言に尽きます。『表情に注目して欲しい』という本人の言葉通り表情も最高にかわいいです、かわいい以外の語彙力がありません。とにかくライブに来て聴いて欲しい。お願いだから。


そんな彼女の魅力はそれだけに終わりません。
その性格やキャラの濃さにも定評があります。

そもそも彼女がハロプロ研修生に加入するきっかけとなったモーニング娘。11期メンバーオーディションを受けることとなった動機には、彼女のお父さんが由来します。
彼女のニックネーム、『わださく、さこ、らっこ』のらっこから取って以下らっこパパと呼びます。

らっこパパは無類のハロオタで、なかでも石川梨華ちゃんのことをかわいいと思ってたそうです。
娘が生まれたらっこパパは娘に11期オーディションを勧め参加、その後現在に至ります。
ちなみに彼女はらっこパパから『ちゃあこ』と呼ばれておりその由来はブログに紹介されています。
ameblo.jp
父親が父親なら娘のブログのクセも強い。

そんならっこパパのブロデュースはその後も続きます。
とくに世間を騒がせたのは【らっこ隊マイナンバー】の配布
ameblo.jp
ブログにコメントするだけであなたもらっこ隊に入れるよ!というものです。
コメントはゆうに1000件は越えており事務所にも怒られたとか怒られなかったとか…。

さらに自身初のバースデーイベントで行ったことがこちら。
ameblo.jp
らっこのらっこによるらっこ隊のためのラッコール・ラップです。
文章だけで読むとなんだこれ??って感じなんですけど、実際に聴くと、これ、この文章そのまんまなんですよね。
youtu.be(ラッコール・ラップは3:28~)
このラップはこぶしファクトリーDVDマガジンだったりイベントだったりでもちょくちょく他メンバーにこのラップをイジられたりします。
しかしそのおかげか、5thシングル「これからだ!/明日テンキになあれ」で実際にラップ担当にもなります。
youtu.be
他にも即興ダンスをさせられたり、笑顔腹話術が得意だったり、愛犬フォーリンラブちゃんにべったりすぎて嫌がられていたり、メンバーにお弁当作って行ったり、メンバーにベタベタベタベタ触ったり…。
もう未知数すぎておばさんは分かんないよ…将来が楽しみすぎるよ…。

そんな歴史を知った上で辛夷の花」(1stアルバム辛夷其ノ壱」より)を聴いたらその成長ぶりに泣いてしまうよ…。
youtu.be



もうひとつ、らっこ隊として感慨深い出来事といえば2018年5月開催の、同じくファクトリー(=Berryz工房)を継承したつばきファクトリーとの合同コンサート【プレミアムライブ2018春 “KOBO”】内で披露された「おへその国からこんにちは」ですよね。

ちょうどこぶしファクトリーつばきファクトリーのメンバーのおよそが在籍していた頃のハロプロ研修生の楽曲であり、和田桜子ちゃんもそのMVに参加しています。
youtu.be(00:00~)
2列目向かって右から3番目という位置にいるとはいえ、前に出ることなど、ソロ割りが来ることなど、この時代辺りの映像を見てもオタクも想像だにしなかったんじゃないかなあと思います。
リアルタイムで追っていない人間なので憶測でしか喋れませんが、私はメジャー後からの応援とはいえそのことがずっと悔しいなぁと思いながらこの曲を聴いています。

それが“KOBO”ではソロ割りが来るんです。あるんです。
彼女がひとりで歌い始めたとき、私はペンライトを持って固まりました。泣きました。いや、この日は涙腺を刺激してきまくってた。

皆様にも是非聴いてもらいたい。
でも映像があるのは「超 HAPPY SONG」(Berryz工房×℃-uteのコラボレーションシングル)の音源のみ…。
youtu.be(7:37~)
世界一ささいなことだって笑ってる』を歌ってるのが和田桜子ちゃんつばきファクトリー山岸理子ちゃん(推し)です。
それから『充分な程』『幸せなのよ』『あんなに大きな夢があるし』も和田桜子ちゃんです。(この時に隣で一緒に歌ってるのはつばきファクトリー岸本ゆめのちゃんであり同じ時期に研修生入りした”同期”でもありますこのときのことは和田桜子ちゃんもブログで書いています)
これも良い歌割りなので聴いてもらいたいことに変わりはないけど…。
私はとにかくおへその感動を伝えたいんじゃ…。どうしたら…どうしたら……。

安心してください。
なんと2018年9月5日に【プレミアムライブ2018春 “KOBO”】のBD/DVDが出ます。
こぶしファクトリー:リリース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
盛り盛り盛り沢山の楽しいライブでしたので興味のある方はぜひご購入ください。
そんな急に買うのは値段もハードルも高いよ、という方には更に朗報です。

こぶしファクトリーつばきファクトリー連名の配信シングルひょっこりひょうたん島があります。
カバー曲なので聞き覚えのある方も多いんじゃないでしょうか。
MVもチラッと見れます。
youtu.be(4:12~)



…ん?話がどんどん明後日の方向に。

和田桜子さんはメンバーからもお母さんと呼ばれるような雰囲気を持っていますが、今年3月8日で17歳になったばかりの女の子です。
今年の抱負ば17歳らしくキャピッとする゙こと。
相変わらずメンバーのことは大好きだし、べったりするし、笑顔はほわほわしてるし、歌声は力強くて、声はかわいくて、ファン思いだし、今年のバースデーイベントの生写真見てもやっぱりお母さんみたいなんだけど、
17歳らしく自然体で天然で面白くて危なっかしい笑、そんなさこちゃんが愛しいのでどんどん応援したくなります。
先日公開された、「きっと私は」のショートフィルムも、等身大の彼女の、彼女たちの演技が素晴らしいです。



私は基本地元周辺のイベント、ライブに参加します。
なので、愛知県のライブに行くことが多くて。
愛知県は和田桜子ちゃんの地元で。
自分の地元が、自分の推しの地元でもあって、凱旋公演がされるということが、偶然ですがもんのっっっすごく幸せです。
ありがたいことに、2ndツアーからずっと愛知公演をしてもらっていて、毎公演、メンバーが和田桜子ちゃんの話をしてくれて、毎公演、アンコールで『らっこ』コールが響きます。
公演ごとにライブハウスは様々だけど、現在行われている6thツアーで2ndツアーから2年ぶりにダイアモンドホール(キャパおよそ1000人)に戻ってきました。
もうね、それがとにかく嬉しかったです。
途中小さなライブハウスを転々として、ぎゅうぎゅう詰めで隙間からしかメンバーが見えないときもあれば、もはや後方頭上に設置されたモニターでしか見えなかったときもありました。
なんでなんでって思った。もっと大きくてもいけるのにって。

正直言えば、新曲のイベントでも
盛りだくさん会(いわゆるチェキ会、握手会)は今回も愛知県でもあるけど、
インストアイベントは今回愛知県でやる予定が現状ないし、
シリアルイベント(初回生産限定盤SPに封入されている応募券で参加できる発売記念イベント)もしばらく愛知県で開催されていないし、
要因がどこにあるのか私では分からないのだけど、
また愛知県でのイベント、ライブが増えて、
推しに『おかえり』って言える回数が増えることが私の望みです。

和田桜子ちゃんだけじゃなくて、
こぶしファクトリーは全員が全員、魅力的で楽しくて面白くてかっこよくて素敵で最高のメンバーだから
もっともっと飛躍してほしい。

だから、願わくば、もっとたくさんの人達にこぶしファクトリーの名前が広がって、和田桜子ちゃんの魅力が伝わりますように。


では、またねん💚